AGA治療薬のプロペシアは、アメリカで開発されたフィナステリドの商品名です。
DHTの生産に関与しているⅡ型の5α還元酵素の阻害剤であり、臨床実験では98パーセントの確率で、症状の進行を防止するという結果が出ています。
DHTの生産を抑制する事により、頭髪の成長サイクルを正常な状態に回復させるという事を目的としています。
フィナステリドは、内服薬である事から飲む育毛剤とも呼ばれていますが、頭髪の成長を促進する様な効果はありません。
このために、AGAが発症してから年数が経過してしまい、薄毛がかなり進行した状態から回復させるのは非常に困難です。
この場合は、他の治療薬と併用する事により、効果を発揮させるという方法が選択されます。
この場合の第一選択薬として用いられるのが、ミノキシジルの外用です。
これは、血管拡張剤として開発された成分であり、脱毛症の改善に効果が確認された事で、治療薬として使用されるようになっています。
毛母細胞を活性化する事により、発毛を促進させると考えられています。
フィナステリドとミノキシジルを併用できるのは、作用機序が異なっているからです。
お互いの作用を阻害する事がないので、それぞれの効果が発揮される事になります。
つまり、フィナステリドにより頭髪が成長できる環境を形成した後に、ミノキシジルにより発毛を促進させるという内容です。
これにより、かなり進行した状態からでも回復させる可能性があります。
また、両者は改善する場所も異なっている事も併用に向いている理由です。
フィナステリドは、DHTの影響を強く受ける前頭部から頭頂部にかけての部分に有効であり、ミノキシジルは頭頂部に特に効果を発揮します。