薄毛対策はできるだけ早く行い、進行を抑えていきたいですが、自宅で行える対策としてはまずはマッサージがあげられます。
マッサージは血行を促進し、血流を改善しますので、毛根までしっかりと栄養素を運ぶことができますし、固くなった頭皮をやわらかくもみほぐす効果も期待できます。
マッサージはハンドケアでもできますし、マッサージ器を利用するのもおすすめです。さらにヘッドスパなどのプロの施術を利用するのも良い効果を期待できます。
そして医薬品を利用した改善策も注目されています。今は多くの医療機関でAGA治療が行われておりプロペシアは代表的な存在です。
プロペシアと同じような効果効能を持つ薬も色々な種類がありますがプロスカーも有名な存在です。
プロスカーはプロペシアと同じくアメリカのメルク社から販売されている前立腺肥大症、男性型脱毛症おn治療に利用されている薬です。
プロスカーとプロペシアの違いについては、どちらもフィナステリドが有効成分ですが、プロペシアが1mg含有なのに対し、プロスカーは5mg配合されています。
そのまま薄毛治療目的に飲んでしまっては成分が強すぎる傾向にあります。
それゆえにプロペシアのかわりとして飲むには分割するなどの工夫が必要です。
医薬品でも良い改善が得られないという場合は植毛による治療も検討してみましょう。
植毛は以前は人工毛による治療がよく行われていましたが、今は自らの髪の一部を薄毛部分に植毛する自毛植毛が中心です。
この施術は髪が伸びてくるまで待つ必要がありますが、しっかり定着させることができれば、その後は特にメンテナンスもいらず、ずっと髪が伸び続けてくれます。
かつらとは違い、本物の髪ですので、ムレなどもなく自然な仕上がりを得ることができます。