AGA男性型脱毛症は、影響を与える男性ホルモンを抑えることで脱毛を防ぐことができます。
脱毛の影響を与える男性ホルモンの産生を抑えための医薬品がプロペシアになりAGA治療には欠かせない治療薬です。
このプロペシアは、AGAを扱うクリニックで処方してもらうことができますが、ひとつだけ問題があります。
現在日本のクリニックでAGA治療を行う場合、保険適応外になりますので、保険を使うことができず大きな費用になります。
よってAGA治療に掛かる金額は頭を抱える問題になるでしょう。
クリニックで処方される場合、クリニックそれぞれ費用が異なりますが、1ヶ月ごとにかなりの負担額になります。
よって金額のことを考えるのであれば個人輸入代行業者に頼るのも一つの解決策になるでしょう。
個人輸入代行業者とは、個人の依頼で医薬品を調達すると言ったサービスになります。
海外から仕入れることから偽薬の可能性を疑う人も居ますが、個人輸入代行業者の中でもプロペシアの成分鑑定を行っているところもあります。
安心して利用することができます。
また金額の方も、クリニックを利用するよりもリーズナブルな金額になります。
またプロペシアと同じ成分であり、ジェネリック薬品として利用する方法も個人輸入代行業者もできます。
プロペシアと同じ成分になりますので、何ら変わりがありません。
違いがあるとしたらプロペシアは正規のAGA治療薬であるということで、安心感から購入すると言った人も多いです。
金額面をカバーすることができるのであればプロペシアを購入、毎月の金額をできるだけ抑えたいのであれば、ジェネリック薬品を利用すると言った方法をとることができます。
一番良い選択をしてAGA治療を行ってください。